スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ろじ式 

ttl_ph[1]
初、生維新派。
大学時代の先輩が入団していたので、今回の東京公演は待ちに待ったものでした。

DVDではおもしろさがまったく判らなかったけど、きっと生で観ると全く違うものなんだろうな、と心配せずに会場へ向かいました。

会場である西巣鴨に着くと、廃校が一つの村の様になっていました!屋台が並ぶ、オブジェがある、橋がある。そして、四角で構成された、舞台美術がお出迎えです。


骨ってかわいいなというのが、今回まず驚いたこと。
出演者の一人は、骨はとても健気、と言っていました…


体験したことのない世界感に溺れることが心地好く感じる100分間。
満席が続く東京公演、観ることができてよかった~。


そして観劇後、大切な大切な友人と四年振りの再会を果たしました◎
今回、東京公演があってよかった~。このタイミングで再会できてよかった~。

屋台でビールを呑みながら、話をし始めると、止まらない…
真面目な話、おバカな話、お互い色々あったねー、とか、今日までの報告とかとか
時間が足りないったらない!

そのまま呑みに行き、終電までの僅かな時間を笑って埋め尽くす。
心の洗濯とは、このことかもしれない。

劣等感とか緊張とか損得とか、コマゴマした余計なことを考えずに
たくさん笑って、心の底から楽しい話をしていられる人と会うって
こんなに嬉しいことだったんだなー!って改めて実感。感謝。

楽しかったなー!



***SH-06A
スポンサーサイト

化け物たちの宴 


先日、静岡を拠点とする静岡県舞台芸術センターspacまで足を延ばし、泉鏡花の『夜叉ヶ池』を観劇してきました。

中高生の演劇鑑賞授業の一つとして行われている公演らしく、会場は高校生で埋め尽くされていました。


で、観た。
明確に「これ!」と断言が出来ないけど、なんだかよくわからないのに、心が動く動く。
不思議に響く「何か」があった。でも、なんとなくだから、はっきりしない。

ということで、一度で終えられず二度目の観劇。

うーん、やっぱり動くし響く。
そして、確実に面白い。

すでに劇場内に充満している空気感が、会場にいることで徐々に私の身体の中にも満ちていく。
舞台の流れや波に飲み込まれれば、後はもうそのまま身を任せて楽しむだけっていうシンプルな観方。

観ていて、笑う、泣く、息が詰まる。



最後のシーンは手を合わせたくなった。

手を合わせるという行為は、敬意や感謝といったたくさんの意味を持ち合わせている。
色んなときに、私は手を合わせます。自分の手と手を合わせたり、誰かと手を合わせたり。

一言で感想を言い表せないので、手を合わせることで私の想いをとりあえず表に現すことにしたのだと思う。


この舞台に立つ俳優たちの苦労は計り知れないけれど、また、喜びも計り知れない。
未知の世界だ。

11月12日(木)まで静岡市内にて公演が続いています。
11月1日は東京からの無料送迎バスもあるそうです。

こんな良い作品、席が余っているのは勿体ない。

*チケットのお問い合わせ*
■ココ■
054-202-3399

ぽっぽや 


リーディングカフェと呼ばれるものに行ってきました。

一日が落ち着き始めた夜、キャンドルのあかりの中で俳優さんが小説を読んでくれるというものでした。

今回の本は『ぽっぽや』。高倉健さんの映画の原作です。
映画を観たことがなかったので、初めて話の内容を知りました。


人にお話を読んで聞かせてもらうって、いいなぁ。
舞台を観るのとはまた全然違って、一人が話すことで広がる世界が、個人個人でゆっくりと楽しめるものでした。
自分で文字を追って読んでいたら、きっとこんなに楽しめなかっただろうなと思いました。

いい夜だったー



***SH-06A

1023 

なにも今日揺れなくてもね、と思った18:35


まだ五年、もう五年

どちらでしょう?
両方ともでしょう

あれから時間は過ぎて、復興が進んだところは増えました
もちろん、まだゆっくりではあるけれど


あのときの私は新潟にいて、まさか自分が生きているうちにこういうことに巻き込まれるなんてない
と、心のどこかで思っていました


巻き込まれたとは言っても、私は生きているし、痛い目もみなかった

次の日には、暖かい部屋でご飯を食べていました


やり場のない罪悪感を今でも感じます




少しずつでも、前進しているあの地に
これからも前進を、と手を合わせます

むかし僕が死んだ家 

20091022121403
小説は東野圭吾ばかりを読むようになって、早数年…

毎回、読書なのに息切れがする


私の目が進むのがゆっくりで、読むスピードが追いつかない

まだ読んでいなかったんだなーと驚いたのが
『むかし僕が死んだ家』


『片想い』以来の琴線に触れる話でした
人物二人の立場の危うさと、抱える不安が
今の私にはとても身近に思えて、一気に読んだー

決してハッピーではない最期に、自分が後悔さえ感じているのが不思議



***SH-06A

牛乳を飲もう 

20091019235144
心がけないとなかなか飲まないなーと思う

夕方以降、カフェイン高い物を飲むと夜眠れなくなるので
夕方以降、★バックスに入るときはキャラメルスチーマーを飲むことになる

東野圭吾とのセットは、時間を忘れる組み合わせ



***SH-06A

物書き 

20091018015435

人に伝えることとか、心に響いたこととか、夕飯の買い物とか、
とにかく思い付いた端から忘れていくので、書き留めるようにしている

でも書いた端から忘れるので、読み返して大切なことは忘れないようにしている

本っ当にきれいさっぱり忘れることが多いので、後日、若干嘘つきな雰囲気が漂い始め…ます……


で、とにかく忘れないようにするために書き留めノートを持ち歩いてるのですが

今日は、ノートを家に忘れました
手帳も置いてきました
……(-_-)




***SH-06A

あかい花 

IMG_0082-s.jpg

どこかの工業高校の花壇に咲いていた花
王道でも、こういうフレアが出る写真は好き


最近、よく言葉を間違える
よく間違えます

いい間違え、というより、全く違う言葉を発したりするので問題です
例えば、「休憩」を「申し込み」と言ったり・・・
なぜ???
老朽化が進む私の脳みそ
今こそ脳トレが必要だ!



***Canon EOS Kiss N(TAMRON IF 28-300mm )

:) 

20091017005605
お守りになるとよいという願いを込めて持ち歩く



***SH-06A

一息つく 

091016_000429.jpg

人と人とが接する場合、気遣いや心の広さを求められるのですが
起こらなくてもいいトラブルを呼び込んでしまうのには、色々な理由がある

視野も心も狭くて、猫の額よりも狭くて
窮屈さに溺れて、周りを道連れにする(素直に助けてと言えばいいのでは?)
勘違い(これ超迷惑!)
価値観の違い(これ言ってしまったら全部台無しな気がする)


まぁ、私がよくやることなんですが
トホホ


よく、いろんなところ
たとえば、演劇のワークショップだったり、
大学のときのお祈りの授業(キリスト教の学校でした)や心理学の授業中だったり、
ヨガでもよく聞く
で、「全てを受け入れて」という言葉をよく耳にします

具体的なようで、とても抽象的なこの言葉
実はよくわかりません
受け入れるって?実際どういうことをするの?
今どうしてこうなっているのかそこを否定しないってこと?


最近、少し、おっっと思ったのは、決断を先延ばしにするということ
焦ってその場で白か黒かを決めすぎなのかな、と思ったのです
自分の焦ったタイミングで答えを急ぐから、切り口が鋭利で乱雑なのではないかと

物事には「決め時」がきっとあって
その「時」が来ていないのに決めてしまうと、早熟すぎて
残念な結果を招いてしまうことも、無きにしも非ずな気がするのです

だらだら先延ばしとはちがう「決め時」を待ち、逃さないようにすることが
トラブル回避にも繋がるのではないのか?!と
そう感じたのでした



バランスが崩れると、それを持ち直してくれる人が必ずいて
今回もまた助けて貰いました
人の手の力って、本当に素晴らしい
目の前の相手に愛情を持って、ただ向かうということが
とても偉大なことななんだと思う

その人からのサプライズ

私の名前の入ったオリジナルのルームスプレー
幸せー!




***SH-06A

おおっと 

IMG_0033-s.jpg
暫く更新が滞ると、徐々にメールや直で「更新、しないのか」と突っ込まれます
ごめむなさい

見ている人は本当にいるんだ!と実感しました
なんて失礼な・・・・・・・・・!!!


先日海へ行ったときのこと
海辺で2羽のカモメにエサを催促され、浅瀬でカニやら貝を獲っては与え
さらに催促され半泣きの図

右手の先には、カニの足が


***SH-06A

擬態 

091009_013521.jpg
先日、いい生アサリが売っていましたので、夕飯の御御御付にしました

砂抜きして、洗って、さあご飯!となって
食べ始めてから暫くたって、一個のアサリが妙に重たく
箸も重たいことに気づく

なんとか持ち上げてみたところ、
アサリそっくりの石でした

こんなの気づくかーーーーい!!



***SH-06A

2009年10月1日 23:17 

IMG_0080-s.jpg

2009年は、学んで耐える年そう思いながら過ごしています
もう10月


4月から生活の中心がヨガになりつつある私です
私が習っているヨガの先生たちは、みなさんステキで面白い方ばかり
毎回、クラスが始まる前にほんの数分、話をしてから始めるのですが
その話が、私の中ではとても重要で
毎回心に染み入ったり笑ったり考えたり驚いたり、そんなことが積もり積もって
毎日私は生きている感じがします

もちろん、ヨガ以外で出会うたくさんの人との接触でも日々刺激を貰ってます
私の場合、貰いすぎははっ

来月はこれから先のヨガと向き合う為の、記念すべき一歩を踏み出します
それと、王子スタジオで行われるアクターズワークス共催のエクササイズ、キャラクター・シーンクラス

あぁ、緊張!やることいっぱい!
希望と恐怖!

ま、楽しみ


学生時代、弁護士を目指していたのだけど卒業後は家業を継いで、立派な農家になった
昔の知り合いをふと思い出しました
当時は、絶対に許さないと死ぬほど恨んでいましたが(本気です)
まぁ、今はとても幸せだし、もちろん山ほど悩むけど、それでも幸せだし
ありがとうと思える自分、ちょっと大人ー!って感動した



***Canon EOS Kiss N(TAMRON IF 28-300mm )
| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
09« 2009/10 »11

プロフィール

yuzu-o. ≒ サトウユズ

  • Author:yuzu-o. ≒ サトウユズ
  • ヨギーインスティテュート・namasteen公認
    KIDS YOGAインストラクター

    EBAプロダクション所属

    ■出演情報■

    SPAC「ペール・ギュント」
    宮城聰演出

    6月2日(土)3日(日)
    静岡県舞台芸術センター
    芸術劇場

    満員御礼
    ありがとうございました!


    ■履歴■
    舞台
    ・2005,10~
    【舞台|阪神淡路大震災】東北公演ツアー 出演
    ・2006,12~
    【舞台|阪神淡路大震災】神戸公演 出演
    ・2006,6~
    【舞台|阪神淡路大震災】東京公演 出演
    ・2008,1
    S×Sプロデュース臣太朗組第1回公演「Sparkling」上水夕子役
    ・2008,5
    S×Sプロデュース臣太朗組第1,5回公演「アコギ」木村留美役
    ・2008,5
    S×Sプロデュース臣太朗組第2回公演「SHOUT!!」木村留美役
    ・2009,3
    S×Sプロデュース臣太朗組第2,5回公演「情熱少女」島袋麻衣役
    ・2009,7
    S×Sプロデュース臣太朗組第3回公演「Smile」島袋麻衣役
    ・2010,3
    SPAC公演「ペール・ギュント」出演
    ・2010,6
    SPAC公演「ペール・ギュント」出演
    ・2011,1
    「おやゆびピアノと絵本の会」演奏
    ・2011,6
    SPAC公演「真夏の夜の夢」出演
    ・2012,3
    イベロアメリカ演劇祭コロンビア公演「ペール・ギュント」出演
    ・2012,4
    SPAC公演「ペール・ギュント
    」出演
    ・2012,6
    SPAC公演「ペール・ギュント」出演

    TV
    ・2008,3,28放送
    TBSバラエティ「プロポーズ大作戦」出演
    ・2008,5,11放送
    テレビ朝日「魔法のコトバ」再現VTR出演
    ・2009,1月下旬~
    クラシエ ボディソープ「ナイーブ」 パーツモデル

    PV
    ・2008,5,28発売シングル
    little by little(Sony Music)
     「Pray」 PV出演
    ・2008,10,30
    WiiFit シェイプボクシング 店頭用PV

    ショートムービー
    ふるいちやすし監督
    「三姉妹」長女・幸子役

    Photographer
    ・2008,12,12~14
    劇団40CARAT プロデュース公演Vol.1
    「ドッペルゲンガーにヨロシク」
    フライヤー撮影・劇中写真提供

    スチール
    ・2008,5,14号
    東京ウォーカー
    ・2008.7.8号
    千葉ウォーカー
    ・2010
     氣志団2010年カレンダー

    ■love⇔like■
    Rody
    オレンジペコー
    狛犬
    DiSNEY
    東野圭吾
    Cocco
    ピンク
    Orange Bird

    オキナワ
    Amazing Grace
    岡本太郎
    ベーグル
    DEPAPEPE
    花柄
    オレンジ色
    下北沢
    chocoholic
    キャンドル

    透かし細工
    ピアス
    100%ORANGE
    絵本
    スピッツ
    蜷川実花
    東京スカパラダイスオーケストラ
    AQUA
    手紙
    マンゴー
    珈琲
    ゆうがたクインテット
    LUSH
    ラーメンズ
    小林賢太郎
    片桐仁
    怪傑ギリジン
    水色
    ピタゴラスイッチ
    MOON
    ストール
    散歩
    マフラー
    CHANDAN
    ミルクティー
    あたたかい場所
    みゆ
    静岡

    etc

    写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。